海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右脳と左脳について セミの声どのように聞こえますか?? No. 2
日本語には、擬態語があるのでいろいろな音を言葉で表現できますよね。

ミンミン、ザーザー、コロコロ、チロチロ、キラキラなど


そしてそれを季節感でも感じることができる。。

でも西洋人はそれがすごく少ないようです




参考までに

人間の脳は右脳と左脳とに分かれ、それぞれ得意分野がある。
右脳は音楽脳とも呼ばれ、音楽や機械音、雑音を処理する。
左脳は言語脳と呼ばれ、人間の話す声の理解など、論理的知的な処理を受け持つ
ここまでは日本人も西洋人も一緒である。

ところが、虫の音をどちらの脳で聴くかという点で違いが見つかった。
西洋人は虫の音を機械音や雑音と同様に音楽脳で処 理するのに対し、日本人は言語脳で受けとめる、ということが、
実験であきらかになった。日本人は虫の音を「虫の声」として聞いているということになる。

このような特徴は、世界でも日本人とポリネシア人だけに見られる

わかりやすいH.Pありましたので、
参考までに


音と脳について

日本人の音意識


面白いのは、日本人は
西洋音楽は右脳で聞き、日本の音楽は左脳で聞いているようです。



関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。