海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国王立音楽検定 ~お母さまと生徒のコメントより~
グレード試験を初めて受験したお母様とお子様から、試験の直後メールがきましたので、ご紹介します


貴重な経験をさせていただいて、心から感謝しています。私も、@@と一緒に練習期間を、とてもとても楽しみました。

試験が終わり、@@もそれなりに(笑)思うところがあったのか、
帰宅したときの第一声が、

「こういう気持ちを達成感っていうのかなぁ~」という言葉でした。(最近、達成感という言葉を、学校で習ったようです。)

試験を経験し、@@が、どんなことを感じ、どんな成長を遂げたのか私も知りたかったので、あれから折に触れ、色々と尋ねてみました。

すると、こんなことを感じたのだと教えてくれました。


@@語録

「今回の試験は、なんだか特別なことを特別な場所でする、という感じがして、緊張した反面、試験会場の階段を降りるときから、ワクワクが止まらなかった。とても楽しかったから、次のグレードも挑戦したい

緊張したけれど、今日までたくさん練習をしてきたから不安は全くなかった。試験のとき、ピアノの前に座ったら、指が心を持っているみたいに勝手に動いてくれたから、緊張した中でもいつも通りに演奏するためには、やっぱり練習が大切なんだと思った。

試験の時、今、自分にできることは出しきることができたから、どういう結果になったとしても自分では満足している。自分の演奏を、試験の先生がどう評価してくれるのか…、早く結果が知りたい。

同じピアノでも、弾き方でぜんぜん違う音になるし、同じ楽譜でも弾く人によって全く違う曲になるから、私は、きれいな音で、聴いている人が楽しくなるようなピアノが弾けるようになるために練習を続けたい。

試験を受けて、ピアノが前より大好きになった。だから、次のグレードも絶対に受験する!!

先生みたいになりた~い!!!!!」

とのことでした。

やはり、目的があるのとないのとでは練習に向かう気持ちも違うし、目的を乗り越えたあとの達成感も違うように思いました。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。