海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノアドベンチャーの教材(セオリー)について
現在、生徒の理論問題は 

ピアノアドベンチャーズ

を使用して、日本人もレッスンしています。

もちろん中身はすべて英語ですので、まだまだ英語の読解力のない場合、私が説明をします。


良い点は2つあります


ひとつめ、勉強するときに、自分たちで

「これはどんな問題だろう?どうやって回答すればいいのだろう?」

と、疑問を感じながら問題を解くことができます。


生徒によっては、自分で英語の辞書で単語を調べて書いてくる方もいます。 

自分たちで、問題を解いてみよう、という自主性がすばらしいですね。


ふたつめ、

内容が素晴らしいですね。

四分音符はいくつ伸ばすか、などの基本的なことはもちろん、どの絵がクレッシェンドになっていると思うか?

リズムに合うように、メロディーの曲作りをする。 

即興演奏をする

移調しているメロディーはどれが正しいか?

などのソルフェージュもたくさんあります。

また、作曲者や時代背景、いろいろな国、オーケストラなどについても多く触れていますので、総合的に音楽の勉強ができます


学校のテストに出て、

「完璧!、簡単!!」


っていう生徒もいて嬉しかったなあ~


もちろん英語の勉強にもなりますね・・・   (特に私・・・)


関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。