海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がどのようにしてピアノの先生になったか? No.2
そして本格的にピアノを習い、音楽理論なども勉強はじめました。


そして海外在住の経験から英語に興味を持ち、英会話も勉強はじめました。

当時習っていたイギリス人のピアノの先生からは、


「手が小さくても練習のやり方でなんでも演奏できる」

「こんな難しい曲を練習してきたんだ、すごい! 私は今はもう弾けないなー」

「 すごくいいね~」


などいつもほめていただき、おまけに英国王立音楽検定の事も教えてもらいました。


ピアノレッスンってこんなに楽しいんだ!!!

音大卒でない分、とにかく勉強しました。

英国王立音楽検定でグレード8をとった後も、演奏するだけではなく、
教えるための資格が欲しくて、勉強し、取得しました。

CIMG1105.jpg



これは国際的に通用する免許なので、名刺の肩書きにピアノ指導者と書けます。

CTABRSM




この免許は人数が揃えば日本でも取得できます。

英国王立音楽検定8級持っていらっしゃる先生、学生の方、ご興味ある方がいらっしゃいましたらご連絡ください。


こちらをクリックしてください🎵

たまゆりピアノ教室





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。