海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ初心者の指導のコツ
初心者の指導について・・・・私の考えです。。。

①レッスンをしているとき、生徒の顔、表情から今、何をするべきか本人が納得しているか?
を観察するようにしています。

日本人は、表情や言葉で表現する子が少ないので、必ず

「今日のレッスンは何がわかったかな?」
「・・で、次回のレッスンまで何をしてくるといいのかな?」
具体的に自分で話ができるように、誘導します。
その時に様子をチェック!!

②次のレッスンの時までに、どんな練習をしてくるか、今日のレッスンで行ったことが本当にわかっていたかどうか確認します。

たとえば、ト音記号を教えた時に、

「これはなんだっけ? そうね。ト音記号ね、なんでト音記号って言うのだったかしら?」
新しいことは意味を理解しながらお話しすると、納得しやすいですね。

「ピアノの練習はどうやるといいのかしら?」
と尋ねながら実際に先生になった気持ちで話をしてもらいます。



この、①、②を毎回のレッスンで何回も繰り返しをします。

そして、最初に使っている曲集はすべてをやらず、4分の1くらいは抜かして指導する場合もあります。
2-3年くらいたった後、もう一度復習で基本に帰ってその教本を使用します。
その時は、抜かした曲を30秒くらいで譜読みをして、レッスンのその場で仕上げていきます。

その時の生徒の表情はすごく満足気で、
「以前、あんなに苦労した曲が、2-3分で仕上がった!!」
喜んでいます。

私も大人になって始めた趣味が、先生に何度も言われてもなかなかできず、生徒の気持ちがすごくわかります。
繰り返し、繰り返しが本当に必要なんですね・・・・

関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。