海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.3 英国王立音楽検定 実技試験の内容(ピアノ)スケール、課題曲、初見奏
ピアノの実技試験のグレード1の内容ですが、

♫スケール

♫ 課題曲 3曲を演奏

♫ 初見奏

♫ オーラル


楽譜の中には、A,B,Cとあっておおよそ時代別に分かれています。

その中からそれぞれ好きな曲を選びます。合計3曲を演奏します。
例えばバッハのメヌエットなど、簡単な曲が両手で演奏できると受験できそうですね。
もちろん生徒のレベルやモチベーションによります。

また、Cメジャーや、Gメジャーなどのスケールを片手ずつ弾けると大丈夫です。
うち生徒は英語名で覚えていますが、ハ長調などでも通訳の方がいらっしゃるのもちろん大丈夫です

初見奏は、30秒間で楽譜を読んで練習します。
そして本番は、止まらずに先生の前で4小節くらいの簡単な曲をきれいに演奏します。


オーラル内容は次回へ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。