海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.2 英国王立音楽検定の実技試験と、筆記試験
試験は、大きく分けて、


実技試験、(スケールなど、初見演奏、課題曲3曲、オーラル試験)


と、

筆記試験 (音楽理論)


があります.

グレード1から受験出来て、グレード8まであります。
グレード1は一番簡単な試験になります。

検定の先生方いわく、

特にグレード1は、「練習をきちんとやって、途中であきらめず、本番を楽しむことができれば、まず落とさない!」

ようです・・・

うちの生徒の経験から、グレード1を受験して合格した生徒は、必ず、上のグレードをねらってますね。
すごく楽しかったみたい。
そして、家での練習が格段に上手になりました。
初見のテストをたくさんしたからかな・・・

グレード5~8あたりは、結構・・・  落ちます・・・    特にグレード8は案外難しい・・・

試験は子供のものではなく、大人も受けます。
イギリスなどでは、70歳過ぎくらいの大人の方も多くグレード1~などを受験されています。
楽しそうですよ~

日本もそうかな??  うちの生徒はシニアの方はいらっしゃらないですが・・

生徒が受験した様子  ~過去の記事より~


関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。