海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でのピアノレッスン80%くらいの場合
最近ピアノを始められた生徒さんは、英語でのレッスンを希望していらっしゃる方が多くいます。

なので今日は80%くらいが英語でのレッスンの様子のお話しです。


英語の歌などを歌ったりのソルフェージュはほとんど英語でレッスンしています。

実際にピアノ弾く時の具体的な言葉 例えば、手や腕のどこをリラックスするか、指の動かし方などの説明は日本語で、「次の曲を演奏してね」や、「この曲はなんのために練習するのかしら?」
など、の質問は全て英語です。

実際に英語で私が話しても、私もそうだったのですが、皆さん以外と、「うん、はい、」など、相づちをしています。
相手はわかっているものだと思い、ネイティブはそのあと、すごい勢いで英語をまくしたててきます。

なので、必ずわかったかどうかを日本語で確認してもらうようにしています。


半分くらいかなあーなんて思ったのもつかの間、子供達は案外わかっているんですね。

すごい!!


わからない時には必ず聞くという事を徹底して、なんとなくレッスンに参加するのではないように、指導しています。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。