海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒として、指導を受ける場合の事例
大人でいろんな習い事があって、学べるのは嬉しい限りです。
ひとつの例として。


私 (いろいろな習い事)の先生が注意をした事 (それを聞いていたこと)

@自分でかってに音楽性を変更した場合
@諦めている場合 (もう、年だし……とかで)
@きちんと演奏しようと真面目な場合
@このフォルテはこんな感じですよね、私はこう思うんですが……と自分の考えを言った場合
@意見を言わないと、「なぜ?何もないのか?あなたの考えが見えない、音にも出てない。」
@ダメだ
@………(何も言わない)

毎日すごくいい刺激をいただいています。
私の場合、いいですよ。って言われると?? 変な感じ。逆にやる気が


私が生徒に注意する時

@態度が悪い時 (あまりにひどい言葉使い、楽譜の出し方が乱暴、椅子の座り方、姿勢)
@生徒が出来るのに、出来ないって言っている場合
@ある程度経験のある生徒に「何の曲をやってみたい? どっちだと思う?」と聞いても
自分の考えが言えない場合
@わからない時、「きちんとこれは何ですか?どうしてですか?」聞くことが出来ない場合




人の振り見て我が振り直せ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。