海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール
幼稚園教諭、塾講師, 幼児教育講師、カワイ音楽教室講師など経験の後、ピアノ教室を個人で始めました。


現在は自宅でピアノ教室を開いています。


幼稚園教諭、小学校教諭、カワイピアノ演奏グレード、指導者グレード取得。

英国王立音楽検定実技グレード8級を取得した後、
2007年にABRSM CTコース(英国王立音楽検定ピアノ教師)資格を取得。
2014年にABRSM Grade7 クラリネットで取得

アメリカやイギリスのカンファレンスでも新しいピアノレッスンを学んでいます

ピアノ個人指導では、日本人をはじめ、アメリカ人、中国人、イギリス人、香港人、フランス人、バングラディッシュ人、
韓国人、フィリピン人、ベトナム人を 教えた経験があり、年齢は2歳半から76 歳までの指導経験があります

現在、子供たちのレッスンはもちろん、英語でピアノを教えてみたい先生、英語の教材でレッスン希望の先生の対応も行っています。







スポンサーサイト

私がどのようにしてピアノを教えるようになったか。。。?No.1
学生の頃、音楽大学に行きたかったのです。。。

でも、当時のピアノの先生に

「手が小さいから無理だよ」

と言われて。 ショパンなどやりたい曲も

「まだ演奏はやめた方がいいよ」

と言われ、好きな曲を弾く事さえ許してもらえませんでした。


そして当時の私は素直に、「じゃあ辞めます」





子供の教育に興味があったので、その関係の大学に入学、卒業後、幼稚園の先生になりました。


子供たちの前でピアノを演奏していると

「子供たちがニコニコして楽しいなあ(^O^)

即興演奏で鳥やうさぎの曲を作って演奏して遊んでいました。

そして「こういう感じをもっと続けたいな~」


と思うようになりました。


色々な仕事を経験しながら、音楽教室でリトミックなどを教えていた時に、

「子どもたちの教育を多く経験した先生にぜひ、ピアノを個人に教えてもらいたい」

と声をかけてもらい、

ピアノを教えるようになりました。


〜続く〜



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村





私がどのようにしてピアノの先生になったか? No.2
そして本格的にピアノを習い、音楽理論なども勉強はじめました。


そして海外在住の経験から英語に興味を持ち、英会話も勉強はじめました。

当時習っていたイギリス人のピアノの先生からは、


「手が小さくても練習のやり方でなんでも演奏できる」

「こんな難しい曲を練習してきたんだ、すごい! 私は今はもう弾けないなー」

「 すごくいいね~」


などいつもほめていただき、おまけに英国王立音楽検定の事も教えてもらいました。


ピアノレッスンってこんなに楽しいんだ!!!

音大卒でない分、とにかく勉強しました。

英国王立音楽検定でグレード8をとった後も、演奏するだけではなく、
教えるための資格が欲しくて、勉強し、取得しました。

CIMG1105.jpg



これは国際的に通用する免許なので、名刺の肩書きにピアノ指導者と書けます。

CTABRSM




この免許は人数が揃えば日本でも取得できます。

英国王立音楽検定8級持っていらっしゃる先生、学生の方、ご興味ある方がいらっしゃいましたらご連絡ください。


こちらをクリックしてください🎵

たまゆりピアノ教室





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。