海外からの生徒のレッスンも行っている関係で、いろいろな角度からの音楽をお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに大きくなりました!!
15年前


IMG_2471[1]




現在

IMG_2476.jpg


ご結婚おめでとう😍😍😍
スポンサーサイト

練習の仕方を覚えましょう~  ^0^
ピアノを上手になるためには、やみくもに練習しても、時間ばかり過ぎてしまいますね。



現代の子供たちは習い事も多いし、本当に忙しいです



だからこそ、


練習の仕方を覚えて、自分で考えながらレッスンを受けること



大切ですね。





私の例です

ある、新しい習い事を始めた時です。


先生に何度も何度も注意されてもすぐ忘れてしまいます。

実は私は、大人だし、年だし・・・・なんて思わないんです。 すみません~



子どもたちも同じ!!忘れてしまいます。

なので、

何度も

「こうやって練習するといいね。

具体的に、

ここでは右手をとまって、左手をよく聞いてから弾いてみたら?

じゃあ、うちでどんな練習するんだっけ? 具体的に話してみてね😊




本当に何度も何度も同じことを具体的にお話しします。


😱忘れてしまっても、


でもそれが当たり前なんだと強く思います。


よくわかっていない生徒の場合は、もちろん先生(私)😥がいけないんだと、それも思います。


ピアノって本当に難しい。それを子供たちががんばって練習しているのですから。。。

すごいすごい!!  👏


HE.png


一緒にがんばりましょう~



がんばる気持ち NO.2
がんばる気持ちの続きです。


頑張ろうと思うにはどうしたらいいか?

①何をどうやって頑張ればいいかを知る

②頑張ってる人を見て、やってみたいなという気持ちになる

③それを達成させたいために頑張る


****************



*ピアノ練習で使用している教本を自分で理解して、どのレベルに行きたいか、など具体的な目標を持つ
*発表会できちんと演奏することを目標にする
*試験で合格する



通常のレッスンの様子を生徒同士少し見学する(レッスン時間の前後の場合になりますが・・)
もちろん発表会で見たり聞いたりできますね


③ そのようなことができるようなレッスンを心がけてます



では、生徒のみなさんは、どうやってがんばってピアノがスラスラ演奏できるようになるか、
考えているかしら??

もちろん、生徒なので難しいと思います。


・・・そこで、私たちピアノの先生が、


生徒が自分でがんばって自分で練習できるように




それを教えてあげないといけないですね


練習の仕方を通常のレッスンで覚えていかないといけないですね😀




がんばっている生徒の様子  


私が弾いているところを楽譜に指さして、先生気分~

MA.png




難しい曲に挑戦!!小節ごとに、練習する回数を書いて、自分でチェックしながらレッスン

AA.png

新しい生徒の様子ー 頑張る気持ちー
最近、外国の方が新しく生徒に加わりました!!

ご家族、皆様でいらっしゃっているのですが、すごくすごく素直です。
日本のしきたりを学ぼうとして、



子供達に「ほら、スリッパ履くんだよ」

「お金は封筒に入れて先生にお渡しするんですか??」


………とお父様


生徒もレッスン開始からは、すごい集中力です。


一生懸命に私の言っている事をやってみようと頑張っています。


私は、この、


頑張っている


気持ちが大好きです。


出来なくてもいい、間違えてもいい、でも自分なりに一生懸命頑張っている。


この事がどれだけ将来役に立つか。。。

人生っていろいろな困難もありますよね。
その時にどのように立ち向かっていくか、それができる子供達になって欲しいなあ〜



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

新しい出会いに感謝!!

アメリカ人のお母様から素敵なお手紙をいただきました。
日本に転勤で一時的に住んでいるとどうしても、帰国という事になってしまいます。。

とても残念ですが、一緒にレッスンが出来た3年間は本当に楽しかったです。

お母様からのお手紙です。

20160227083307432.jpg


クリックすると大きくなります。


ピアノだけでなく、日本のカルチャーを教えてもらったという事には私も、何だかすごくすごく嬉しかったです。

やはり日本人が英語を学んで見たいというのと同じように、アメリカ人は、日本のカルチャーを学びたいんだな〜と実感させられました。


英語はいろいろな国の方とコミュニケーションする言葉の一つの道具として必要ですが、
私はピアノレッスンするという事も
人が成長するため、楽しむための一つの道具として考えています。




Copyright © たまゆりピアノ教室 Tamayuri Piano Studio. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。